キレイを保つビニルクロスお手入れのポイント

2020年10月15日

壁紙の代表的な素材、ビニルクロス。
比較的簡単に汚れを落とすことができることが魅力のひとつです。
ちょっと掃除をするだけで部屋が明るくなりますよ。

■ビニルクロスは掃除しやすい壁紙

普段のお手入れでは、表面の汚れをはたき、むらなくホコリを取りましょう。
ビニルクロスは水拭きができるので、固く絞った雑巾で拭けばかなりすっきりします。
気をつけたいのは、貼り合わせ部分に水が入るとはがれの原因になること。
固く絞った雑巾を使用してくださいね。

☆手垢や油汚れを落とす2つの方法

(1)住宅用洗剤

住宅用洗剤を薄めたぬるま湯を含ませた布で軽くこすって汚れを拭き取ります。
次に、水で固く絞ったきれいな布で拭きます。
洗剤に弱い家具などが近くにある場合は、養生して作業してくださいね。

(2)中和作用を利用

手垢や油汚れは酸性汚れのため、アルカリ性の洗剤を使うと中和して汚れが落ちます。
セスキ水や重曹水などをスプレーで吹きかけメラニンスポンジでなでるようにこすりましょう。

手垢や油汚れにはセスキ水や重曹水

■表面のカビを落とす

結露の発生する窓の周辺などでは特に、カビに注意しましょう。
放置して奥まで浸透してしまうと、壁紙の交換が必要になり、自力で対処することが難しくなります。
表面に発生した頑固なカビには、塩素系漂白剤を表示に従って薄め、ハケや使い古しの歯ブラシでカビの部分に塗ります。
20分程そのままにして、その後ぬるま湯で絞った雑巾で拭き取ります。

※必ず換気してください。

■こまめなお手入れでさっぱり

壁の汚れは、放置しておくと見た目が悪いだけでなくにおいの原因にもなります。
こまめなお手入れがオススメです。

~住まいの管理手帳 戸建編 参照~

ももちゃん